片付けられない方の遺品整理を行う際のコツ

最初に当社横浜サイトが完成しました。
横浜市の遺品整理を行うお客様がいらっしゃいましたらこちらをご覧ください。
遺品整理・横浜市サイト

私達、片付けのプロ達が一番多く作業に立ち会うのはごみ屋敷や一般の方の人の片付けよりも一般的にいう遺品整理といった片付けが多いのは皆様がご想像する通りではありますが、そんな中で荷物がかなり多い方の片付けをすることがあります。

一般的に物持ちがいいという意味もありますがものがあふれるこのご時世についていえば捨てられない人だったといわれてもしょうがないケースもございます。

例えば、自分の親などの片付けをするのであればどれを捨てるか、残すかある程度は見当がつくものと思いますが知り合いや親の兄弟などの方の遺品整理の場合は行ってみればどれを残すのがいいのか迷う部分もあり、実際に作業を行うには非常に迷ってしまうことも多々あると思います。
そのような中で自分たちでそんな片付けられない方の遺品整理を進める場合にどんなことに気を付けて作業をやるべきかいくつか挙げていきたいと思います。

1.捨て場所の確保

物が多い方の遺品整理は家の中が趣味や収集癖などにより、荷物がいっぱいでとにかく作業をするスペースがないことが非常に多く、作業の最初のうちは作業を行いながら廃棄物を仮置き場などにおいて作業を進めておくのが一番作業を進めていきやすいと思います。
その中である程度の荷物がたまってきた場合、それらをどのように捨てるかも検討しておかないとなりません。
例えば、一般の市の回収などに合わせて捨てる場合はそれなりの広さの仮置き場を用意しておかないとすぐに捨てる予定の荷物でいっぱいになってしまいます。
そこでこのような遺品整理を行う際には種類ごとに引き受けしてくれる処分場やリサイクル施設などを選定しておくとある程度たまった時点でどんどん持ち込むなどすることで仮置きの荷物を減らしていくこともできます。
ですので、このような片付けを行う場合は事前にそれらの処分場の選定をしておくことをお勧めしておきます。

2.残しておきたいものの保管場所の設定

なんといっても遺品整理は残しておかないといけないものが多いのが普通の部屋の片付けとの違いともいえます。
例えば、通帳やお金、証券や登記簿など重要な財産にかかわる書類などがあると思いますが作業を行う人たちが色々な場所で集めていると知らぬ間に何かに紛れてなくなってしまうなんてこともあったりします。そこで最初に皆さんが統一しておいておく場所を最初に確保することでごみに紛れてしまうリスクを減らすことができます。
遺品整理はとにかく重要な物品がたくさん出てきますので是非作業前にこれらの位置を決めてから作業を行うことをお勧めします。

3.買取してもらいそうな店舗の選定

例えば、遺品整理でよくあるのが着物など趣味でいいものを買っていたなど遺品整理を行う方が力を入れていた物品などに出会うことがあります。
当然それらを形見分けなどしない場合は捨てるか、売却先などを探す必要があります。

その中で売却を検討している場合はできる限り、それらの専門店などに相談をしてみるのもいいかもしれません。
専門店は独自のノウハウで販売をするので総合点に比べると高めに買ってくれることがありますのでその辺についても最初に探していくことで遺品整理を行う際の費用の足しなどになります。
この点についても探しておくと尚いいと思います。

以上、数点の遺品整理時のコツになりましたがいかがでしょうか?
大量の荷物であるからこそ、できる限り同じものにまとめたりすることでリサイクル資源化や遺品整理の費用の足しなどになる場合もございます。

その点についてもしっかり検討したうえで作業を行うことが遺品整理を上手に行うためのワンポイントといえますので是非ご検討いただければと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 最初に当社横浜サイトが完成しました。 横浜市の遺品整理を行うお客様がいらっしゃいましたらこちらをご…
  2. このサイトを運営することで初めて書いてみる記事。 今回は部屋の片付けと言ったらまずこういうのが…

ピックアップ記事

  1. 2017-3-2

    片付けられない方の遺品整理を行う際のコツ

    最初に当社横浜サイトが完成しました。 横浜市の遺品整理を行うお客様がいらっしゃいましたらこちらをご…
  2. 2016-5-20

    とにかく散らかって荷物が多い部屋(ゴミ屋敷なども含む)の片付け方

    このサイトを運営することで初めて書いてみる記事。 今回は部屋の片付けと言ったらまずこういうのが…

カテゴリー

ページ上部へ戻る