この間行ったゴミ屋敷っぽい遺品整理現場のお話し

お知らせです。
相模原市の遺品整理サイトが完成しました。
相模原市内で遺品整理を行う際はぜひご利用ください。
遺品整理・相模原市サイト

この間行った遺品整理のお話し。

ご依頼者はお隣の市町村に住んでいるご兄弟でそこに住んでいた母親と弟の家の片付けをご依頼いただきました。
この家の場合はもう取り壊しする方向性ですぐに解体することがないのでこちらの日程でやらせていただきました。
間取りは3DKでしたがゴミの総量は2tホロトラック5台分という非常に多い片付けでした。
ちなみにこの物件の場合、家具類に関しては家を壊す段階で一緒に破壊して持って行ってもらうことになっていたのでゴミの総量としては単純に大物を除いて5台分ということになります。

ちなみにゴミ5台分の内訳が1台分が紙などの古紙、一台分が金属家電品、一台が衣類、食器、雑貨類が一台分で、可燃ごみが2台分という非常に燃やさないとならないものが多い現場になります。
通常ですと分別しながらこの間取りであれば可燃ごみが1台分、多くてもそれぐらいのものですがこの現場の場合、ゴミを外だししてしまっていたことが一番の問題になってしまいました。

ゴミの外だしをしてしまうと新聞などの場合は濡れてしまい、資源で出すことはできません。
当然ながら、衣類なども同じです。
プラスチックなどは紫外線に当たると経年劣化が進みこれも資源として出すことができなくなってしまいます。
また、最近は色々なものを輸出することができるようになりましたがそれでも近年は発展途上国の情勢も悪くなってきたため、衣類などによっては引き取り自体が難しいところなども増えてきています。
その辺を考えていくとどれも燃やしてしまえば同じと思いますが、リサイクルに回すよりも可燃ごみを燃やしてもらうほうが何倍、ものによっては何十倍も高いこともあるので中々可燃ごみすべて混ぜてしまうということはできません。
そういう意味でもこの現場のように資源ごみで出せるものが資源で出せない状況になってしまうと処分料金が高くなる傾向があるためやはりもったいない現場であるというのが本音のところです。

ですのでゴミ屋敷を作っている人たちにあえて言わせてもらいことはできるだけゴミは外出ししないでおきましょうということです。
もしごみを出すにしても資源ごみは出さないようにしてほしいです。
同じ外に出しても燃やすものが外にあるのであれば燃やすことには変わりありませんが資源に出せるものまでゴミで出してしまうのはもったいないですし、必然的にその分が料金として無駄に請求されてしまいます。
ですのできる限り外にゴミを出さないようにしましょう。

また、この家の場合は他にも原因があります。
それは外に大きな二坪物置があったことが大量に荷物が出てきた原因の一つでもあります。

家の片付けなどを行ったときに部屋の中以外で意外と多い荷物が出てくるのは物置と押し入れです。
これらはとにかくパンパンに荷物を詰め込む傾向になるのでいらなくなったものが置くまでぎっしり入っています。
そういう状態ですから見た目以上に荷物が多く出てくることがしばしばあります。

また、ゴミ屋敷化している現場の場合はそれらにプラス部屋にゴミなどが散乱していることが多く、これらがよりゴミの量を増やします。
ただ、今回はゴミ屋敷化していた部屋数が少なかったことや一部の部屋が新聞などだけが散乱している部屋であったということもあり順序立ててまとめてゴミを処理しながら作業ができる現場でしたのでまだよかったと思います。

ただ、総じて言えることはこの家の住人の方はなくなってしまい、遺品整理をおこなうご兄弟たちがそのごみの片付けを依頼したということで自分たちが生きている間にこう言う状況を片付けるとは思わなかったというのが本音だったと思います。

それにこのような状況が今の日本では結構多くなってきているということが一番の問題ともいえます。
少なくとも今回は部分部分でご家族の方が片付けを行っていたのでしょうからこのぐらいで済んでいたのだと思いますが、実際何十年も兄弟間のつながりがなかったりする人の場合は何十年の積み重ねとして天井付近までのゴミ屋敷などを作ってしまう場合があることを考えると普段からある程度、兄弟間でも気にかけていくことがゴミ屋敷を作らないコツなのだともおもいます。

今回は遺品整理 兼 ゴミ屋敷 片付けを行ったときのおはなしになりますがいかがでしたでしょうか?
少しでもゴミ屋敷化させない遺品整理のアドバイスになれば幸いです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 最初に当社横浜サイトが完成しました。 横浜市の遺品整理を行うお客様がいらっしゃいましたらこちらをご…
  2. このサイトを運営することで初めて書いてみる記事。 今回は部屋の片付けと言ったらまずこういうのが…

ピックアップ記事

  1. 2017-3-2

    片付けられない方の遺品整理を行う際のコツ

    最初に当社横浜サイトが完成しました。 横浜市の遺品整理を行うお客様がいらっしゃいましたらこちらをご…
  2. 2016-5-20

    とにかく散らかって荷物が多い部屋(ゴミ屋敷なども含む)の片付け方

    このサイトを運営することで初めて書いてみる記事。 今回は部屋の片付けと言ったらまずこういうのが…

カテゴリー

ページ上部へ戻る